『青蓮院』

- - - 清流さくらこ
2012-08-31 13:29:40 『青蓮院』 この記事も、3年前の3月です。 この時、私は全部が信じられなくて、、、神仏の全てが信じられなくて、家にあったお札や神棚を全部お焚き上げに出してしまった時です。 生きているのが辛くて辛くて、、、なんでこんなに自分は辛いんだろう?って思っては、一人で泣いていた時です。 今でもそんなときはありますが、でも今は、色んな奇跡を体験して、この世の中には目に見えない存在がいて、その存在に私は助けてもらっているって実感している部分があるので、この時ほど孤独ではありません。 でも、この短い文章から伝わってくる私だけの孤独感は、、、とても切なくなりますね。 でもでも、、、、あれから3年経ちました。3年の間に色んなことがありました。 もう無理だ!!と思ったことも何度もあります。 そんな中でも、こうして今、ブログを書いているということは、既に奇跡なのだと思う。 あの頃の自分に感謝。 今の自分に感謝。 そして、それでもいいと仰ってくれた青いお不動様には、「ありがとうございます」の感謝しかありません! *** 涼音ちゃんが青蓮院に行ったとき、青いお不動さんがおっしゃった。 『清流さんのところに行きたい。連れて行って欲しい』 「でも、今お母さんのところに行っても・・・もしかしたら受け取らないかもしれないよ・・・  直ぐにお炊き上げに出されてしまうかもしれないよ・・・それでもいいの?」 (このころ、私はサロンにある全ての御札やお守りをお炊き上げに出す予定でおりました。そしてそうしました) 「それでもいい・・・」 と、青いお不動様が仰る。 涼音ちゃんは、それでもいいなら・・・と、お守りを購入した。 涼音ちゃんが、京都・奈良・大阪で、私の為に購入してきたお守りや御札はそれだけだった。 『それでもいい・・・』 と、仰った青いお不動様の言葉と気持ちが、今の清流には在り難く、そしてとても愛おしく思えるのでした。
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM