『夢の話』

- - - 清流さくらこ
01/31 THU

『夢の話』 いつだったか忘れたけれど。 鮮明に覚えている夢がある。
夢の中で、私が誰かに話をしていた。
話というよりも、諭すって感じだったような、、うん。 大勢の前で訴えていた。
しかも何だか怒っている?

「宿命ってものはね、心に意思を宿すってことなんだよ。心に意思を宿すんだ。
 一度、心に宿ったその意思はずっと変わらない。未来永劫ずっと変わらないんだよ。  
何度生まれ変わっても、その意思は変わらない。その意思は必ず心の中の存在している。  
その人の心に宿った意思だけは、ずっと残るんだ。  
肉体が無くなってしまっても、エネルギーが消えてしまっても、その人の心に宿った意思だけは残っている。  
だから何度生まれ変わっても、どんな人種になっても、何処に生まれても、
その人の意思だけは受け継がれていくんだよ。  宿命って、そうゆうことなんだよ。」

目が覚めてしみじみ思った。 そうなんだ、、、、 宿命ってそうゆうことなんだ。
心に意思を宿すか。
何だか自分で感動してしまった夢のお話。
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM